【朝型にシフト!】仕事時間の効率化を図ろう!

黒絵しーな

こんにちは!絵作家の黒絵しーな(@nekoeinsatz2)です!

今回は生活を「朝型」に変えると、こんな良いことがありますよ〜ということを語ろうと思います。

僕は、今の生活は「22時就寝、5時起床」という生活をしています。

時には、21時に寝て4時に起きたりもします。

 

試しに4、5時頃にTwitterをチェックしてみると、ほぼタイムラインに浮上している人はいませんでした。

「夜型」が普通になっている人が多いんですね( ˘ω˘ )

 

自分からすると、「もったいない!!」って思っちゃいます。

朝に活動するといいことがいっぱいなのに!

 

今回は朝型を布教するために記事を書いていくことにします!

 

 

朝型に変えるとこんないいことが

1 満員電車からの解放

みんなと同じ(=夜型)の生活をしていると、出勤する時間もみんなと同じ時間になるので、交通機関は当然混雑します。

短時間ならまだしも、長時間座れずに満員電車でぎゅーぎゅーになるのって嫌ですよね〜

朝からもう、仕事する前からもう疲れてしまうという、残念な1日のスタートになってしまいます:;(∩´﹏`∩);:

 

そこで、その出勤時間を1時間程度早めて他の人と通勤する時間をずらすことによって、ぐっと乗車人数は減って座れる可能性がかなり高くなります

特に先頭・最後の端っこの車両はさらに空くのでおススメです。

 

2 仕事に集中できる

早い時間に職場に到着すると、ほとんど人はいないので、静かに仕事に集中することができます。

人がいたとしても、自分と同じく朝型を実践している意識の高い人なので、自分の仕事の邪魔をしにきたりはしません。

また、お客さんが来たりもしないし、電話が来ることも稀なので、自分の世界に没頭することができます

 

3 朝は夜より6倍はかどる

朝は夜より6倍の生産性がある

ということが言われています。

もしそうなら、6時間の残業は、早朝1時間に仕事と同じ成果ということになります。

 

6倍というのはちょっと大げさかもしれませんが、でも「1日仕事をして疲れている状態」と「朝のまっさらな頭の状態」では生産性の差は歴然としていると思います。

仕事を残業時間から朝の時間にシフトすることにより、勤務時間を減らしたり仕事の質を上げることができるのです。

 

4 定時退勤できる

朝に仕事をシフトした結果勤務時間が減り、勤務時間外の労働時間を減らすことができれば、定時退勤をできる可能性も上がります。

早く帰ることができるのは気持ちいいですよね。

また、定時退勤をしているだけで「この人はすごい!」という印象を周りに与えることができたり(笑)

 

 

それぞれの時間帯の特徴をうまく利用する

アイデアの生まれ方

アイデアは出そうと思って出せるものではないですよね(っ´ω`c)

アイデアが生まれやすいパターンというものがあります。それは・・・

  1. インプットをしまくる(現状把握やデータを収集する)
  2. 徹底的に考える(頭に入れる)
  3. いったん忘れる(潜在意識に沈める)
  4. アイデアが発生する
  5. 生まれたアイデアを検証し実行に移す

午後はインプット

午後はだんだん疲れてきて生産性が落ちてきます。

この時間帯は「現状把握やデータ収集」を中心に行い、徹底的に頭にインプットすることを心がけます。

帰宅後は忘れる

勤務後は、いっさい忘れます。考えないようにし、一晩寝かします

すると、インプットした知識は潜在意識に移ります。

朝にアイデアが生まれる

朝になると、寝ている間に知識が化学反応を起こし、さまざまなアイデア、気づきを思いつきます。

忘れないように、すぐ書き留めましょう!

午前中にアウトプットする

書き留めたアイデアを、午前中の間に検討し、実行に移しましょう!

 

このサイクルを繰り返すことによって、アイデアを生み出すシステムを構築し、それによって仕事や生活の質を高めることができます。

朝型にすることで、アイデアが生まれる時間をしっかり確保することが大事です(ӦvӦ。)

 

 夜型から脱却するには

残業をしない

先述の通り、夜は疲れがピークに来ている時間帯なので、生産性は低いです。

となると、自分が目指す成果を出すためには時間をたくさんかける必要が出てきてしまいます。

 

また、残業できる時間はたっぷりあるから、ついつい同僚としゃべっちゃったりしてさらに残業時間が増えてしまったりします。

 

朝型に思い切ってシフトすることにより、その負の連鎖を断ち切りましょう!

朝なら頭がすっきりしていて、しかも邪魔も入らず、集中でき、短時間で成果を出すことができるでしょう。

 

いきなり朝型生活に移すのは難しい人は、少しずつ睡眠時間帯を早めていって、残業時間を朝に少しずつシフトしていき、最終的に定時退勤できるように持っていきましょう。

 

飲み会に出ない

これは曲者です。

同僚や上司に飲み会に誘われると断りにくいですよね・・・

でも、長時間仕事をしていて、さらにプライベートな時間まで仕事に侵食されてしまうのは、とても時間がもったいないです。

 

忘年会や歓送迎会などの重要なものを除いた突発的に発生する飲み会は、極力理由つけて断りましょう。

それを繰り返しているうちに、「あいつを誘ってもどうせ来ない」と思わせたらしめたものです。

 

もしどうしても断りにくいなら・・・

できるだけ朝型にシフトし、定時退勤することを普通な状況にもっていくことによって、「あいつは早く帰るから誘っても仕方ない」と思わせるのがいいかな。

 

テレビ、ネットやスマホを見ない

せっかく早く帰っても、早寝しなけりゃ意味がありません。

テレビをダラダラ見てたり、寝る前にスマホをいじってたりして寝る時間が遅くならないように自分を律しましょう!

 

結構テレビやスマホは時間を奪っていきます

また、寝る直前まで見ていると脳が興奮してなかなか寝付けないので注意です。

 

できるだけ見る時間はあらかじめ決めて、よい睡眠を取れるように計画し、習慣化していきましょう!(((∩’ω’∩)))

 

朝型することに生活の質を高めよう

 

朝型によって自由に使える時間が増えると思います。

その時間をさらに有意義に使っていきましょう!

 

例えば、趣味や家庭や恋人との時間を大切にするとか。

 

また、本などを読んで知識を深めたり、副業をしたりなど。

 

生きることができる時間は限られています。できるだけ自分のコントロールの元に時間を有効活用したいものです!(=^x^=)

 

 

最後に

かつて公務員をしていた頃、残業時間は上司が話しかけてきて、そして自分の武勇伝を語ることが多くて、本当にまったく無駄な時間を過ごすのが嫌でした。

そこで朝型に変えることによって、仕事を集中してこなすことによって勤務時間を減らすことができました。

 

電車も座ることができて、移動中に本を読んだり、ぼーっとしてたらアイデアが浮かんだりなど、いいことずくめでした。

ぜひぜひお試しあれ〜〜

 

それでは、今回はこの辺りで!