音楽家から公務員から病人から画家になった【謎のプロフィール】

黒絵しーな

こんにちは!絵作家の黒絵しーな(@nekoeinsatz2)です!

初めまして!このブログに来てくれてありがとう!

黒絵しーなはいま画家として活動してるけど、ここに至るまでは色々なことがありました!

さてさて・・・

 

漫画とゲームが好きな子供時代

しーな少年は、とにかく漫画とゲームが好きでした。

好きなあまりに漫画をたくさん描いていました。

 

ただ、2次創作ではなく、オリジナルの漫画でしたけどね!

 

この趣味は小学生から高校生まで続いたんですけど、

ある日

 

自分のイラストは、なんてヘタクソなんだーー!/(^o^)\

 

という現実に直面し、以後漫画を描くのをストップしてしまったんです。

もったいない!!

 

MEMO
この頃影響を受けた作品は「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「ドラゴンボール」などでした。

映画「耳をすませば」を観てしまった

オリジナル漫画に限らず、高校生になると自分のことを客観的に見れるようになり、

いろいろ悩み多い時期でした。

 

時は高校3年生。進路をどうしようか漠然と考えていた時に…

 

ジブリ映画の「耳をすませば」を観たのです!(OωO”)

 

MEMO
耳をすませば…「主人公の中学3年生の月島雫と、ヴァイオリン職人を目指す天沢聖司の物語。雫は聖司たちに感化されて、小説家になることを志すのであった」

 

大きな衝撃を受けました!

 

「そうか、こういう進路もありなんだ!」と。

 

というわけで、「夢のある職業」に就きたい!と思うようになりました。

 

とはいうものの「夢のある職業」って具体的にはどんな職業なん?

 

と、調べたのは「声優」や「アニメーター」「作曲家」など。

そこで、その職業の難易度や収入をチェックしました。

 

夢のある職業に就きたいと思ったものの身近にそういう人はおらず、

みんなと違うことをするのは勇気がいるし、不安だし・・・

 

結果的に「音楽家」を選びました

でもその理由が

高校生しーな

音楽なら飽きっぽい自分でもできるはず

 

Σ( ̄□ ̄;)

…音楽家の人が見たらきっと怒る、というか呆れる〜!!

 

そんなんだから、音楽の先生に「君は音楽家向いてないと思うな」とか言われちゃうねん。

ですが、それでも周りの反対意見を押しのけ、大学の教育学部の音楽専攻に進んだのでした〜

 

楽観的な音楽家生活

受験は頑張ったんだけど…その後は正直音楽家を目指して頑張っていたかというと…

 

自分は音楽家になる!!」と言うのみで、

実際なれるように努力をする、ということをしませんでした。

 

さらに卒業後も「自分は音楽家になるから就職する必要はない!」と就活をしませんでした。

 

相当なおバカさんですね〜我ながら!

 

そんなわけで、実力もないのにフリーランスの音楽家として活動を始めて・・・

実際に仕事を得るのは難しく、フリーランスというよりフリーターな生活を送ってました。

 

教えることが好きだったので(教員免許もあるし)、家庭教師や塾講師のバイトしてました。

 

・・・だったら「音楽」+「教える」で、音楽の先生を目指すのもアリでしたが・・・

ピアノが弾けなかったのです/(^o^)\

 

音大出身の人たちと競り合うことができるレベルでは全然ありませんでした。

大学生の頃からピアノを猛練習しておけばな〜!!

 

 

結局のところ、音楽家として稼げたのはほんのわずかで、

将来への不安がMAXになり・・・就職する道を選んだのです〜

MEMO
音楽の仕事は、携帯電話の着メロを作ったり、エレクトーンに編曲などをしていました。数年前ならカラオケのバック音楽を作る仕事もあったようなのですが、自分の時代では通信カラオケが主流になっていたのでできませんでした

公務員になりました

今まで不安定だった反動で、安定感のある職業に就きたいと思い…

 

公務員」になりましたー!(ӦvӦ。)

 

仕事内容は、音楽とは全然関係ないものでしたが、やり甲斐はありました。

 

また音楽家(フリーランス)時代は孤独でつらかったのですが、

同僚や友達もできて、かなり楽しかった時期でした。

よく遊びましたね〜。

公私ともに充実していましたヽ(≧▽≦)ノ

 

…ところがです。

 

パワハラ上司が異動してきてしまったのです・・・(´Д`ι)

そして、自分がそのターゲットになってしまったのです!!!

 

それからというもの、お説教ばっかり、事案の決裁も全然通らない。

仕事はどんどん溜まる一方

 

そのしわ寄せで残業(時に徹夜)、休日出勤が激増して…

ブラックな状況に。

 

 

頑張ったんだけどね・・・最終的に「うつ病」になってしまったのです。

 

うつ病

この辺りはとてもダークなので、さらっと書きますね。

 

まず仕事ですが「通勤」ができなくなり「休職」しました。

でもその期間も終わってしまい、退職せざるを得ませんでした。

せっかく頑張って試験勉強したのに…

 

投薬治療を長く受けても良くならず、病院も数回転院し、時には入院し、

でも最終的に自分に合った薬と出会い、だいぶ快復したんです。

 

ただ、元気だった頃の70%くらいのエネルギーしかないのと、

「通勤」という行為ができない、という後遺症(?)が残ってしまいました・・・

 

絵を描くようになる

体調がだいぶ良くなったので、リハビリとして小さなことからコツコツと活動をすることにしました。

その中のひとつに「イラストを描く」というものがあったのです!

 

音楽の演奏などと違って、絵を描くのはハードルが低いですし、

描くものと紙さえあればできるので、気軽にできたのが良かったです。

 

もう高校生の頃から10年以上のブランクがあるので、最初はとても下手くそでしたが、

Twitterで同じくイラストを描いている人と仲良くなり、くじけず続けることができました。

仲間は大事だね・・・

 

さて、ここからの流れは・・・

  • その1
    まどマギとの出会い
    アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の存在を知り、衝撃を受けました!その後、まどマギのイラストを描くようになり、まどマギ好きなフォロワーさんも増えました。
  • その2
    同人活動を始める
    フォロワーさんの中には「同人活動」をしている方も多数いて、影響を受け自分もサークル参加するようになりました。
  • その3
    創作イラストを描き始める
    まどマギだけでなく、いろいろな2次創作イラストを描いてましたが、オリジナル(創作)を描いている人を見かけるようになり、またまた影響を受けて自分もオリジナルを描くようになりました。
  • その4
    公募展に出展するようになる
    フォロワーさんの中には「公募展」に出展している方がおられて、これまた影響を受けた僕は、公募展に出展するようになりました。

自分って影響を受けやすーい!w

 

今後の展望

病気により「出勤」という行為ができなくなってしまったのでアルバイトできず。

そうなると通勤せず、また自分のペースで作業できる「フリーランス」を

することにしました。(ちょっと安易だけど・・・)

 

そこから自然と「画家」になる、という流れになりました。

(もちろん、これも画家活動している人の影響バシバシ受けてますw)

 

でも・・・音楽家時代と同じくお金を稼ぐことはほぼできてないので、

イラストレーター的な仕事もするか考え中。

 

終わりに

ここまで読んでくれてどうもありがとうございました!

 

まだ先に何があるか分からないけど・・・

 

今後も、おそらくずっと絵は描き続けると思います!

これからも温かく見守ってやってください。

 

それでは、今回はこの辺で!