【2018年のiPad pro 12.9】と2017年iPadを比べてみたよ!

黒絵しーな

こんにちは!絵作家の黒絵しーな(@nekoeinsatz2)です!

iPad proが来て浮かれているしーなです。

今日は、以前から持っていたiPadと、今回購入したiPad proを比較します。

いや、良い点もあれば良くない点もあるので、第一印象を感じたまま書いていきたいと思います。

 

良い点から

その1 画面が大きい

言うまでもないですが、左が従来の9.7インチのiPad。右がiPad pro 12.9インチです。

画面が大きいので、写真も動画もゲームもより大きく楽しめます。( ・`ω・´)b

 

その2 電子書籍がより「本らしく」読める

大画面なので、iPadを横にすると電子書籍が見開きで表示されます。

これは何気にありがたい!(ӦvӦ。)

電子書籍ながら、見開きだと実際の本を読んでいる気持ちになります。

ページをめくる回数も半分になりますしね!

 

その3 スピーカーが4つになった

地味ながら、内蔵スピーカーが下の二つに加えて、上にも二つの、合計四つになりました。

iPad proでゲームをしたら、いつもより臨場感がある、感じがしました。

これで映画を観る機会があれば、その差は大きいのかな、と思います。

 

その4 Apple Pencilが使えるようになった

これはデカイです!!(OωO”)

持っていたiPadは対応していなかったので!

サードパーティー製のペンも存在はしていましたが・・・

試し書きした印象では、やはりApple Pencilが一人勝ちな印象でした。

 

ちょっと今は保護フィルムがまだ届いてないので本格的にApple Pencil使ってないんですけど、これから大活躍する予定ですヽ(≧▽≦)ノ

 

想定外だった点

その1 重い・・・とにかく重い

昨日カバンに新しいiPad proと写真のキーボードをカバンに入れて外出していたのですが・・・

カバンが重いぃぃぃ!!( ;∀;)

試しにiPad proをカバンから出したら、とたんにカバンが軽くなりました・・・

 

一時的に手でひょいっと持っているくらいなら、どうってことないんですけどね〜

 

その2 接続端子が「USB Cタイプ」になった

これ地味に困りましたよ・・・。

付属でUSB Cタイプの充電コードはあったんですけどね。

 

iPadのバックアップデータをPCのiTunesを介してiPad proに流そうと思っていたんですけど・・・

PCと接続するには「USB AタイプーUSB Cタイプ」なコードが必要で、買いに行くまでiPad proがいじれなくてちょっと悶々としました。

 

これからApple商品はライトニングからUSB Cタイプに移行していくのかな?

 

まとめ

基本的には良い点がいっぱいなんですけどね。

「重い」ということは頭では分かっていたものの、実際に背負うとなかなかな重量でした。

でも、外で絵を書いたりPCライクなことができたりするのは大きな利点なので。

買ってよかったです。

12.9。

 

終わりに

今もこの文章はカフェでキーボードを接続して書いています。

とても便利!

これから大活躍間違いなしです!

 

それでは、今回はこの辺で!