黒絵しーなのサイトにようこそ!

ペン入れ最強ペン【コピックマルチライナー 】の全て!

黒絵しーな

こんにちは!絵作家の黒絵しーな(@nekoeinsatz2)です!

アナログイラストを描く時、ペン入れは何のツールを使っていますか?

ペン先とインクで描いている方も多くおられると思いますが、扱いにはコツがいりますよね。

そこで〜、初心者でも安心して使えるペン「コピックマルチライナー 」をご紹介しますよ〜!\(^o^)/

 

コピックマルチライナー

(いきなりですが、コピックマルチライナー ・・・ちょっと名前が長いので、マルチライナーと呼びます)

 

さて、このミリペン(1mm以下の極細線が描けるペン)は、.too社というメーカーが作っていて、名前にもあるとおり「コピック」で絵を描くのに最適なペンなのです!

(コピックって何やねん!という人は・・・後日また紹介記事書きます!(^▽^;)

 

で・す・が

 

コピック以外の画材とも相性がいいので、ぜひぜひ皆さんにお知らせしたい!

では、マルチライナーのおすすめポイント3つ、いきましょう〜!

created by Rinker
トゥー(Too)
¥1,289 (2018/11/20 20:19:41時点 Amazon調べ-詳細)

1)耐水性インクである!

はい!マルチライナーは耐水性です。バッチリ耐水性です!

 

世の中には他にも「耐水性」と描いてあるペンもいくつもありますが、「完全に耐水性」ではなかったりします。

 

水彩で筆で塗っていると線が溶けて流れてしまうものも多いのです(世の全てのペンで試したわけじゃないけどね)

 

しかーし!マルチライナーは耐水性バッチリ!

筆でゴシゴシ塗っていても溶けないので、安心なのです〜!(ӦvӦ。)

 

2)速乾性のインクである!

マルチライナーは、乾くのが速いんですよ〜。びっくりΣ(OωO )

 

普通のペンだと描いてから乾くのに少なからず時間かかりますよね(ボールペンやインクなど)。

描いてすぐ触ってしまったら「ヴァー!!」ってなっちゃいます。

手や服の袖が乾いてない線に触らないように注意しないといけません。

 

しかーし!マルチライナーは速乾性!

乾くのを待つ時間ゼロで&ノーストレスでどんどん絵を描き進めることができます!(ӦvӦ。)

 

3)バラエティに富んだ線種

マルチライナーのペンの細さは6種類

0.03ってどんだけ細いんだ〜!こんなの使う場面あるのか〜??

と僕も最初思いました( ´・ω・`)

 

さて。まず実際の細さの目安はというと、「0.3」がボールペンの「0.5」に近いです。

ですので、「0.3」を基準に必要な細さのペンを購入すればいいと思います。

 

オススメは?というと、描くイラストの大きさや細かさにより変わってきますが・・・

0.3(普通)、0.1(細め)、0.05(極細)・・・がいいかな。

 

ここに注意
極細なペンほど、ペンの先が細く…というか小さくなり、筆圧が高いと折れる危険性があります。気をつけましょう。

まとめ

うーん、マルチライナーの良さ、伝わりましたでしょうか。

・「耐水性」
・「速乾性」
・「様々な細さの線種」

 

いいことばかり書きましたが、よくない点もあります(´*ω*`)

  • インクの交換ができない(使い捨て)
  • ペンの長さが少々短くて、手の大きい男性にはちょっと使いづらい

僕も、初めてマルチライナーで描こうとした時「短い!」と感じました。

男性の中でも僕の手は小さい方なので、世の男性の方々はどう感じてるのかな・・・

 

以上で「ブラック」の紹介を終わります〜。

created by Rinker
トゥー(Too)
¥1,289 (2018/11/20 20:19:41時点 Amazon調べ-詳細)

(0.03、0.05、0.1、0.3、0.5、1.0の6種がセットになっています)

カラーのマルチライナー

今までは「ブラック」の話でしたが、マルチライナーはカラーのラインナップもあるんです。

色はブラックを除いて全部で9種類!

大きく分けると、濃い(暗い)色が「ブラウン」「ワイン」「コバルト」「オリーブ」。

薄い(明るい)色が「クールグレー」「ウォームグレー」「セピア」「ピンク」「ラベンダー」。

 

これらカラーのマルチライナーの使い道といえば「色トレス」かな、と思います。

色トレス
色トレスとは、主線をそのパーツに合わせて色を変えるものです。主線が柔らかい感じに変わります。

ex)肌だったらセピアやブラウンにする

こちらのペンも様々な太さのものが販売されています。

表にまとめてみました〜(ӦvӦ。)

ワイン〜オリーブは0.03がなぜか無いですけど、まぁ0.03はあまり使わないことが多いと思うので、そこまで問題はないのかな〜って思います。

カラーのマルチライナーを使うことによって表現の幅が広がるので、ぜひ使ってみてください・・・と言いたいところなのですが、ここで問題点。

 

全種類売っているところが少ない:(´ºωº`):

 

ブラックと比べると、カラーはあまり売れないんでしょうね・・・。全色・全線種あるのは、大きい画材店に行かないと無いかも・・・。

でも今どきはネットで買えるので、送料はかかってしまいますが手に入れることはできます。

 

セット売りしているのは以下の7種類。

created by Rinker
トゥー(Too)
¥777 (2018/11/20 20:19:42時点 Amazon調べ-詳細)

↑太さは全て「0.3」

以下は「0.05 / 0.1 / 0.3 / 0.5」

created by Rinker
トゥー(Too)
¥782 (2018/11/20 20:19:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トゥー(Too)
¥782 (2018/11/20 20:19:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トゥー(Too)
¥782 (2018/11/20 20:19:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トゥー(Too)
¥782 (2018/11/20 20:19:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トゥー(Too)
¥782 (2018/11/20 20:19:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トゥー(Too)
¥782 (2018/11/20 20:19:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

ワイン、オリーブ、コバルトのセットがない・・・( ;∀;)

でもバラ売りもあるので、「コピックマルチライナー  ワイン」という感じで検索するといいよ!

 

全体のまとめ

  • 「耐水性」
  • 「速乾性」
  • 「様々な細さの線種」
  • 「カラーバリエーション」

主線を描く画材として、黒絵しーなイチオシな「コピックマルチライナー 」のご紹介でした!

それでは、今回はこの辺りで!