黒絵しーなのサイトにようこそ!

プロフィール

こんにちは!初めまして!黒絵しーなと申します!

自分は画材が好きで、今までいろんな画材に手を出してきました。

そこらへんを、自己紹介を兼ねて書いていきますね!

①デジタル難しい

デジタル難しぃーー!!/(^o^)\

思い通りの線が全然描けない!ぶよぶよした線になっちゃう!

・・・・・

ここで自分は思った。

お絵描きは「アナログ」が基本やろ、と。

というわけでさっさとペンタブ封印して、アナログに移行したのであった〜。

(この頃は「ディバインゲート」というソシャゲのイラストにハマってました)

 

②カラーボールペン、これは大変だ・・・

カラーボールペンで絵を描き始めたんですけど・・・。

塗る(描く)のめっちゃ大変!/(^o^)\

当時の自分にとってはハードルが高い画材でした。

それに、カラーイラストが描きたかったので、12色では少なすぎました。

あっさり挫折〜!

(下手なのにいきなりこんな手の込んだイラストを描いたのが間違いだったかもしれない)

 

③色鉛筆、いい感じ!

子供の頃使っていた画材といえば・・・色鉛筆!!

これなら自分でも使いこなせるかもしれない!

結果、いい感じでした!✧٩(ˊωˋ*)و✧

 

線画をブラウンのインクで描き、色鉛筆で色を塗りました。

紙はマルマンの”オレンジと黒”のSketch Bookです。

 

しかし、気になってきたのが、紙の凸凹

凹んでいる部分には色を塗ることができない・・・

それが気になって仕方なくなり、水彩はどうだろ?難しいかな?と思うようになりました。

(この頃は、ソシャゲ「メルクストーリア」にハマってました)

 

④透明水彩

透明水彩、色鉛筆以上にしっくりきました!!!

これで紙の凹凸から解放されました!!!やったぜ!!

これからしばらく、透明水彩を使い続けたのでした。

(この頃は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」及びうめ先生の絵柄にビビビときてました)

 

⑤デジタル再び

ええと・・・なんでデジタルに戻ってきたんだろう・・・記憶が・・・

たぶんですね、アナログは「修正が難しい」という悩みがあったからかもしれません。

描き終わってから見直すと「ああ、ここが変、そこも変。なぜ下描きの時点で気づかなかったかな〜!!

ということがあり、修正が簡単なデジタルに移行した・・・ような気がします。

 

ちなみに、デジタルですけど、塗り方は「水彩塗り」してました。

ここから長い間デジタルを使い続けてきました。

 

⑥コピック→水彩色鉛筆→透明水彩再び

いきなりですが、またアナログに戻ってきました。

あれーなんでだっけなー??(^▽^;)

 

コピックというのはイラスト絵描きとしては憧れの画材なのですよ。

周りの人の影響を受けて、使いたくなったのかなぁ・・・?

 

でも確か、コピックでは細かい所がうまく塗れなくて挫折し(早っ)

細かいところまで塗れる「色鉛筆」と「水彩」の両方の良さを持つ「水彩色鉛筆」を選び、

しかし、水彩色鉛筆は色が薄くて、同人誌など印刷すると色が飛んでしまうんですよね。

 

などなどいろいろあって・・・

透明水彩に戻ってきましたー!!(今ここ)

 

最後に

まぁ、黒絵しーなってこんな人です。

画材好きです。カラフルなのが好きなので。

というかコレクター癖もあり、全色揃えたくなってしまうんですよね。

今まで画材にかけてきたお金・・・いくらになるんだろう(数えたくない〜〜)