絵の力を上達させるには?【絵はすぐに上手くならない】レビュー

黒絵しーな

こんにちは!絵作家の黒絵しーな(@nekoeinsatz2)です!

趣味でイラストを始めてしばらくすると、

自分の絵って下手だなぁ」とか

もっと上手くなるにはどうすればいいかなぁ

など思うようになると思います。

 

身近にイラストやっている先輩や先生がいればいいんだけど、なかなかそういう環境の人はいないですよね。

そこで教則本やネットの記事を検索すると・・・いっぱいヒットします。ですが・・・

自分はどの本を選べばいいんだろう・・・???

と分からなくなり、最悪イラスト描くのをやめちゃう・・・なんてことになったらもったいないですよね!

 

ここで大事なことは「自分の目指すものは何なのか」そして「そのために必要な練習は何をしたらいいのか」。

それを知ることなんです。

 

そこで、今日紹介する「絵はすぐに上手くならない」という本は、いわば「上達するための教科書」です!

イラスト初心者から中級者向まで、絵を上達させたい人を導いてくれます。

僕も何回もお世話になりました(ӦvӦ。)

 

「タイトルが『上手くならない』とか、この本大丈夫なの!?」なんて不安になる人もいると思うので、まずは今回の紹介記事を読んでみてください・・・。

created by Rinker
¥1,728 (2018/12/16 02:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

まず最初に、絵を描く能力とは?

まず上達させたい「絵を描く能力」とは何なのか?それは8つの能力に分類します。

  • ①アイディア
  • ②オリジナリティ
  • ③形状ストック
  • ④構図構成力
  • ⑤形を取る力
  • ⑥立体を把握する力(陰影描写を含む)
  • ⑦テクニック(質感描写を含む)
  • ⑧完成させる力

いきなりなんだか難しい感じがしてきましたね!!8つもあるし!!

まぁ、ここはちょっと我慢していただいて、上達のために一つずつ内容をみていきましょう╭( ・ㅂ・)و ̑̑グッ

 

①アイディア

これは字の通り。

アイディアを出す能力は、訓練して引き出しを増やすことで上達させることができます。

 

②オリジナリティ

「独創性」。(ちなみに個性とは別物です。)

ちょっとアイディアとかぶる部分もありますが、周りの人が思いつかないことをすることです。

 

③形状ストック

覚えている形状のストック。

形状を組み合わせてキャラクターをデザインするとか、漫画で小道具を描いたり、「形状」をよりたくさん暗記していると有利なことがあります。

 

④構図構成力

略して「構図」と呼ばれる能力ですね。

ただ物を並べるのではなく、どう配置すると効果的か・・・空間を演出する、デザインの分野になります。

 

⑤形を取る力

主に模写の能力に関する能力ですね。

完コピは無理でも、できるたけ自分の絵の狂いを発見し、修正できる能力となります。

 

⑥立体を把握する力(陰影描写を含む)

字の通りですね。

立体物を作るために当然必要な能力ですが、平面のイラストでも、「陰影」をつけることで立体感を出すことができます。

 

⑦テクニック(質感描写を含む)

線が生きているか。

安定した線を描くこと、そこを起点として「質感描写」などができるようになります。

 

⑧完成させる力

最後は完成させる能力です。

集中力、継続力、自己管理能力などを総合したもので、小さな完成経験を体験することにより、完成度を高めることができます。

 

ジャンル別に必要な能力

ここまで見てきた8つの能力ですが、ジャンルによって必要な度合いが異なります。

  • 企業アイディア系
  • 映像・写真系
  • デザイン系
  • 3DCG系
  • 建築インテリア・空間デザイン系
  • コンセプトアート系
  • マンガ・アニメ系
  • イラスト系
  • ファインアート系
  • 具象アート系
  • 美術大学受検系

ここでは、「マンガ・アニメ系」と「イラスト系」と「ファインアート系」の3つを見ていきたいと思います。

 

マンガ・アニメ系

絵を使ってストーリーを表現するジャンル。線画が多い。

人物を描くことが多いので、人体構造の勉強動きのある絵を描くトレーニングが必須になります。

 

イラスト系

イラストというと、幅広い定義になるので、この本では「要望に応えて描く絵」としています。

求められたものを即座に絵で表現するには、かなり「形状ストック」が必要。

オールマイティに描ける人もいれば、個性を売りにする人もいます。

どちらにしても、高い画力が必要になるジャンルです。

 

ファインアート系

依頼を受けて描くのではなく、自分から作品を作り出し、世に問うジャンルです。

自分の中にある「作りたい何か」を表現し、その発想やコンセプトが評価されることが多い。

 

それでは能力別自己診断をしよう

自己判断テストに沿って、自分の現時点の能力(長所・短所)の傾向をなんとなく知ることができます。

そしてそれらの能力を上達させるのに効果的なトレーニング方法をこの本は教えてくれます。

 

トレーニング方法がわかれば、あとは上達するために必要な練習や何の教則本が今の自分に合っているか分かるようになると思います。

 

まとめ

さて、どうだったでしょうか。

ばくぜんと「上達したい」と思っていては、何をしていいのか分かりません。

この本を読むと、何をすればいいか、ヒントを得ることができるでしょう

そして、理想に向けて必要なトレーニング方法を知り・・・すぐ上手くならない、ということが分かると思います。

 

あなたも是非自己診断してみて、自分にあったトレーニング方法を見つけて絵を上達させるべくがんばりましょう!\(^o^)/

created by Rinker
¥1,728 (2018/12/16 02:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後に

自分も何をすれば分からなくなると、この本に戻ってトレーニングメニューを考えたりしています。

一種のバイブル的存在ですね。うん、教科書的。

絵を描くことに挫折しそうになったら、まずこの本を読んで!とおすすめしたいですね〜!

 

それでは、今回はこの辺りで!