「Twitter展示会」

透明水彩から【アクリル絵の具】にメイン画材を換えました!

黒絵しーな

こんにちは!絵作家の黒絵しーな(@nekoeinsatz2)です!

今回は、メインに使う画材を「アクリル絵の具」に変更したお話をしようと思います!

今まで長らく「透明水彩」を使ってきたのですが、なぜ「透明水彩」では満足できなくなったのか。

そのいきさつについてお話しします!

 

はっきりした「色」を求めました

まず、自分のイラストは何なのか、そこからが考えるスタート地点です!

 

自分の描くものは、「大衆芸能、娯楽」なイラスト・・・

つまり「漫画」や「アニメ」の世界に属するものだと位置づけました。

 

そして、そういうイラストの特徴は「絵がはっきりしている」ということなんです。

 

具体的に言えば、「主線」がはっきりと分かって、「色」も濃いもの。

 

ああ、もっと分かりやすく言うと・・・

アニメのイラストをイメージしていただくとよいかな、と思います!

 

そんなイラストを描くためには、どんな画材が適してるんでしょう?

 

淡さと濃さの間を攻める

まず、ポップなイラストに完全にマッチする色といえば、不透明度の高い、鮮やかな色です。

例えば「アクリルガッシュ」もそんな画材の一つかな、と思います。

 

一方で、黒絵しーなとしては、「淡い」イラストが好きなのです。

だから長らく「透明水彩」を使ってきたわけですけど。

 

「透明水彩」は、アクリルガッシュなどと違ってムラが生じやすく、それが欠点となる場合もあれば、それを利用して味のあるイラストを作ることができます。

そんな絵柄が好きなのです。

 

「淡さ」をメインに据えつつ、でも色を鮮やかにしたいなら・・・

と考えた結論は「アクリル絵の具」だったのです。

 

アクリル絵の具とアクリルガッシュ

「アクリル絵の具」と「アクリルガッシュ」、どちらもアクリルでややこしいのですが・・・

 

ムラを作りやすいのが前者、ムラがほぼ生じないのが後者。

透明度が高いのが前者、不透明なのが後者。

つまり、透明水彩に近いのは「アクリル絵の具」ということになります。

 

ということで、「透明水彩的な淡い表現」ができ、また「アクリル系」の鮮やかさを併せ持つ「アクリル絵の具」に目を向けることになったのでした。

 

管理の仕方に工夫を

さて、ちょっと話がそれますが・・・それぞれの絵具の扱い方についての話です。

 

透明水彩はチューブからパレットに出してそのまま乾いたとしても、再び水分を与えれば溶けて復活します。

その性質を利用して、「パン」という最初から固形の絵の具も売ってたりします。

(自分が使っていた透明水彩も「ハーフパン」(大きさが小さいパン)でした)

 

というわけで、「チューブ」からそのつど絵の具をパレットに出したり、またパレットを洗う必要もなかったんです。

 

ところがアクリル絵の具はそうはいかない

 

アクリル系は、一度乾くと耐水性になり、乾いたらもう復活はできないんです。

また、そうなると普通のパレットに絵の具を出すと、乾いてしまったらもう洗い落とすことができなくなるんです。

 

それを解決するのが「ペーパーパレット」です!

使い捨てパレットですね。

これを使えば安心です。

 

また、使いたい色を決める、その色をペーパーパレットに出し、それを使って色を塗る。

この一連の流れを最短にしたいと思って作ったのがこれです。

 

蓋に色を塗っておけば色見本として欲しい色を見つけやすく、そしてそのままチューブを取り出してパレットに出すことができます。

これなら集中力を途切れずに作業に取り組めるかな!

 

まとめ

 

アナログイラストに使える画材はいろいろ選択肢があります。

各自、どんな感じの絵を描きたいか決めて、それにあった画材を選択するのがいいと思います。

 

【画材】お試しポイント教えます!

 

終わりに

今回「アクリル絵の具」がベスト画材だと話してきましたが、ころころ考え方は変わるので、将来的にずっと「アクリル絵の具」をメインに使い続けるかはわからないです。

でもいまは「アクリル絵の具」で今の自分に合った色の塗り方をしていきたいと思います。

 

それでは、今回はこの辺りで!