クリエイターのための【SNS・ブログの運用ノウハウ】を知ろう!

 

黒絵しーな

こんにちは!絵作家の黒絵しーな(@nekoeinsatz2)です!

今回は、陶芸作家ユキガオさんによる「クリエイターのためのSNS・ブログ運用ノウハウ!」勉強会に参加したレポートをお送りします!

 

 

自分の作った作品をお客様に届けるためにはどうすればいいのか?

SNS・ブログを利用してそれを叶える方法についてお話でした!

それでは内容について紹介していきますね!(ӦvӦ。)

 

登壇者紹介

  • お名前:ユキガオさん@yukigao_22
  • 仕事:陶芸作家、ライター
  • 長崎県出身、京都府在住
  • 「好きなことをして生きていこう」と決意し、約10年間務めた会社を辞めて陶芸を始め、フリーランスの陶芸作家として活動されておられます。
  • 公式サイト:https://www.yukigao.com/

 

大前提

まずはSNS・ブログの運用のお話に入る前に、前提としてのお話からスタートしました。

大前提その① 作品を作り続け、クオリティを上げ続けること

まず、自分の作品(商品)がショボかったら売れないですよね。

そこは、お客さんがより買ってくれる気持ちになるように、クオリティを常に上げ続けることが大事。

まぁ、売る売らないは別にしても、実力向上のために頑張るのはまさにクリエイターのすべきことだと思います。。

 

大前提その② 発信を怖がらない、自分の発信に責任を持つ

SNS・ブログなどのネットを利用した情報発信について、抵抗がある人もおられると思います。

やはり、変な言いがかりがつけられたり、ストーカー被害にあったり、炎上が怖い、と恐怖心があるのももっとも。

 

ただね、絶対にないとは言い切れないけど、まぁめったにないかな〜

それに、変なリプライなどが来たら思い切ってそのアカウントを「ブロック」することで、干渉できなくすることもできます。

また、炎上も影響力の高い人によるものが大半だと思います。

 

なんにせよ、発言内容について無責任なことはしない、ということです。

相手に誤解を与えたり、不快な思いをさせないように、気をつけて発信すれば、こういった被害が発生するのを最小限に抑えることができると思います。

 

大前提その③ 届けるところまでが仕事

作品(商品)を作って、ただ単にSNSやブログに「描きました・作りました〜」とアップしたら、すぐ売れるというものでもありません

 

・どうやったら、自分の作品(商品)を欲しいと思う人に、情報を伝えられるか。

・また、自分の作品(商品)を買いたいと思ってもらえるか。

 

お客さんの手元に届けるまでを想定して、情報発信をしていく必要があるのです。

 

自分を知ってもらう

まず最初のステップは「自分」のことを知ってしてもらうこと

世の中の大量生産された商品ならあまり関係ないですが、クリエイターによる作品(商品)については、「どんな人がそれを作ったのか」が見えるのと見えないのとでは大違い!

 

これは自己表現であり、アートなので・・・

 

そこは作り手のことを知ってもらうのは、お客さんが買いたい気持ちになってくれやすいポイントだということですね。

そこのところをまずSNSやブログで発信していくのが最初の一歩ということですね。

 

作品を知ってもらう

さて、自分に興味を持ってもらえたら。次のステップです。

自分の作品(商品)をみんなに紹介していきましょう!

 

作品(商品)をただ載せるのではなく、その作品(商品)についてしっかり紹介します。

作る過程や、苦労した点、思い入れなどのストーリーを語るのです。

 

そういった紹介があるのとないのとでは大違い!

紹介を読むことでより親近感が生まれますよね。

そうなると、作品(商品)により興味をもってもらえて、買ってもらえる可能性が広がっていくのです。

 

つながりを作る

違う分野の人とも交流

  • 違う職種
  • 違う年代
  • 違う生き方

TwitterなどSNSをやっていると、自然と同じ分野の人と繋がっていきます。

ただ、そういう人たちには作品(商品)を売るのは難しいのです。

 

よっぽどハイクオリティな作品なら別かもしれませんが、通常は「いいね」を押す程度で購入までは至りません

なにせ、自分も作ることができますから

絵を売るターゲットを絵描きさんにしてしまうのは、あまり効果的とは言えないのです。

 

そうなると、自分とは違う分野の人とつながることが大事になってくるのですね。

登壇者のユキガオさんも、SNS上、あまり陶芸作家の人との繋がりは少ないそうです。

 

まとめ

いろいろためになる話がいっぱいありましたね。

 

自分のことを知ってもらって興味を持ってもらい、その人たちに作品のストーリーを語り買ってもらえる可能性を上げていく。

また購入者のターゲットを違う分野の人に持っていく

 

なるほどな〜と思う話でした。

みなさんも、ぜひ実践してみましょう!

 

Photo by. @takumi YANO

 

 

創作空間カフェアトリエ

大阪府大阪市浪速区日本橋西1丁目5−5ミズホビル5階

 

最後に

ネットでの販売となると、顔が見えないので、いろいろな手を使って興味を持ってもらうことが大事なんですね。

自分もそういった視点を持って、実践していきたいと思いました。

 

それでは、今回はこの辺りで!